プレスリリース

Air New Zealand unveils beautiful 787-9 Dreamliner livery

  • ボーイング787型機部位保管庫 「ドリームリフター・オペレーションズ・センター2(DOC2)」 新設について

    2015年10月30日 - ボーイングと中部国際空港株式会社は、ボーイング787型機の部位輸送をより円滑に実施するため、ドリームリフター・オペレーションズ・センター2(DOC2)を設置することで合意しました。

    ドリームリフターは、ボーイング747-400型旅客機からの改造機で、787型機の主要部位を米国内の最終組立地まで輸送します。現在世界で4機のドリームリフターが運用されており、セントレアはドリームリフターが運航する日本で唯一の空港です。

    ドリームリフター・オペレーションズ・センターは、セントレアにおいては、中部地域で製造したボーイング787型機部位をドリームリフターに搭載するためのハンドリング機材、およびボーイング787型機部位の保管庫として、2014年1月から本稼働しておりますが、このたび、機能拡充のため「DOC2」として隣接地に新たに整備するものです。

    1.施設概要

    ◆施設名称:

    ドリームリフター・オペレーションズ・センター2(DOC2)

    ◆整備主体:

    中部国際空港株式会社
    ※中部国際空港株式会社とボーイングによる賃貸借契約を締結

    ◆建設予定地:

    既存DOC隣接地(空港島中央最南端部)

    ◆建築面積:

    約2,000㎡

    ◆スケジュール:

    2015年11月着工、2016年夏完成予定


    2.施設用途 ※既存「DOC」と同様です。

    1.

    ボーイング787型機部位をドリームリフターに搭載するためのGSE車両(グランドハンドリング機材)である「ラージ・カーゴ・ローダー(LCL)」及び「モバイル・テール・サポート(MTS)」を屋内に保管すること。

    2.

    三菱重工業(株)、川崎重工業(株)、富士重工業(株)の各工場から海上輸送されるボーイング787型機部位を、ドリームリフターに搭載するまでの間、一時的に保管すること。