プレスリリース

Air New Zealand unveils beautiful 787-9 Dreamliner livery

  • ボーイング、787-10ドリームライナーの最終組立を開始

    〜 飛行試験初号機の製造が新たな段階に 〜

    サウスカロライナ州ノースチャールストン発,  2016年12月8日  - ボーイングはこのほど、787型機ファミリーの最新派生機である787-10ドリームライナー飛行試験初号機の最終組立を開始しました。これによって同機種の開発は新たな主要マイルストーンに予定通り到達したことになります。

    787-10型機の量産初号機でもある同機は今後、ボーイング サウスカロライナの最終組立工場で主要部位を結合し、内外装コンポーネントを完成します。その後、生産試験の工程に進みます。

    ボーイング民間航空機部門の787型機開発担当バイス・プレジデント兼ゼネラル・マネージャーであるケン サンガーは、「787-10型機開発の次の段階に進むにあたり、初号機の完成を心待ちにしています。今回の達成は、何年間にもわたる準備、そしてボーイングとパートナー企業のチーム全体による確かなパフォーマンスがもたらした成果です。これにより、ボーイングがお客様へのコミットメントを果たすために、統率のとれた組織力で優れた航空機を開発する能力があることを示すことになります」と語っています。

    787-10型初号機の初飛行は2017年、初納入は2018年の予定です。

    787-10型機は、優れた効率性と乗り心地を誇る787ドリームライナーファミリーの3機目となる派生機です。787-9型機の胴体をそのまま延長したもので、95%のコモナリティ(共通性)を備えながら、座席数と貨物積載量を増やしています。また、燃料効率性と運航経済性で新たな指標を打ち立て、燃料効率性とCO2排出量の面では代替する航空機と比較して25%以上優れています。

    ボーイングは現在までに787-10型機を世界のお客様9社から154機受注しています。