プレスリリース

Air New Zealand unveils beautiful 787-9 Dreamliner livery

  • ボーイング、787-10ドリームライナーの初飛行に成功

    〜 2018年の初納入に向け包括的な試験飛行プログラムを開始 〜

    サウスカロライナ州ノースチャールストン発,  2017年3月31日  - ボーイングは本日、787-10ドリームライナーの初飛行をボーイング サウスカロライナ工場に隣接する飛行場で実施しました。787-10型機は787ドリームライナーファミリーの中でも最長の胴体を備えた最も新しい派生機で、4時間58分の飛行を無事完了しました。

    ボーイング民間航空機部門社長兼CEOであるケビン マカリスターは、「初飛行の完了によって、クラス最高の効率性を誇る787-10型機をお客様にお届けする道のりをまた一歩前進することができました。787-10型機は、お客様である航空会社が路線ネットワークを拡大できるようさらなる柔軟性をもたらし、787ドリームライナーファミリーの圧倒的な成功を揺るぎないものにします」と語っています。787-10型機は今後、2018年上半期に予定される初納入に向けて、包括的な試験飛行プログラムに入ります。

    787-10型機は現在までに世界のお客様9社から149機受注しています。ローンチカスタマーのシンガポール航空をはじめ、エア・リース・コーポレーション(ALC)、全日本空輸(ANA)、ブリティッシュ・エアウェイズ、エティハド航空、エバー航空、GEキャピタル・アビエーション・サービス(GECAS)、KLMオランダ航空、ユナイテッド航空の9社です。

    787-9型機の胴体を5.5メートル延長した787-10型機は、787型機ファミリーの優れた乗り心地と長距離路線の運航を実現し、燃料効率性(1座席当たり)とCO2排出量の点では代替する航空機と比較して25%、競合機種と比較して10%優れています。

    787ドリームライナーファミリーはボーイングのワイドボディ機戦略に重要な役割を担い、その最新技術によって各市場セグメントに最適化された高効率航空機ファミリーを提供しています。2011年の運用開始以来、787型機ファミリーは全世界の560を超える路線に就航し、1億5,200万人以上の搭乗客を運んできました。その間に節減できた燃料消費量は、推定635万トンに上ります。