プレスリリース

Air New Zealand unveils beautiful 787-9 Dreamliner livery

  • 国内線仕様のボーイング787-8型機を導入します

    ~国際線で活躍する低騒音機として定評のある機材を国内線にも導入~

    東京発,  2017年9月21日 - 日本航空株式会社(本社:東京都品川区 社長:植木 義晴 以下、「JAL」)は、Boeing(本社:シカゴ:会長、社長兼CEOデニス A. マレンバーグ 以下、「ボーイング」)が製造する、国内線仕様のボーイング787-8型機を2019年より初めて4機を導入します。

    現在、JALでは、国際線機材としてボーイング787-8型機を25機導入し、ボーイング787-9型機も9機導入しています。(計20機発注)。LED照明や電子シェードなど機内の設備も先進的であり、お客さまには、大変ご好評をいただいています。また、機内での快適性はもちろんのこと、非常に低騒音で運航できる機材であるということが大きな利点です。この利点を最大限活用すべく、東京(羽田)=大阪(伊丹)線を中心とした大阪国際空港(伊丹)発着路線への導入を行い、空港周辺における騒音低減に努めてまいります。

    ボーイング787-8型機 諸元

    全長 56.7m
    全幅 60.1m
    全高 16.9m
    装備エンジン GE社製 GEnx-1B
    巡航速度 916㎞/h
    航続距離 14,800㎞