プレスリリース

Air New Zealand unveils beautiful 787-9 Dreamliner livery

  • ボーイング、中国の最終仕上げセンターから737 MAXを初納入

    • エアチャイナへの初納入は高まる中国航空市場の重要性を反映
    • 新施設は737 MAXファミリーの全機種に対応
    • 中国とのパートナーシップは、米国での増産および雇用増加に寄与

    中国・舟山市発,  2018年12月15日 - ボーイングは本日、合弁パートナーである中国商用飛機(COMAC)とともに、中国に新設された737型機最終仕上げ&引き渡しセンターから中国国際航空(エアチャイナ)に737 MAXを初納入しました。これは、ボーイングと中国の航空産業とのパートナーシップにおける新たな時代の到来を告げるものです。

    今回納入された737 MAX 8は、米ワシントン州のレントン工場で組み立てられた後、中国で最終仕上げが行われました。40万平方メートルの敷地に建設された737型機最終仕上げ&引き渡しセンターは、ボーイングの同様の施設としては米国外初となるものです。施設は浙江省と舟山市の協力の下建設されました。今後、いくつかの段階を経て本格稼働にいたり、その機能を徐々に拡大していきます。

    ボーイング民間航空機部門社長兼CEOであるケビン マカリスターは、「半世紀近くにわたる中国とのパートナーシップがますます発展していることを象徴する日になりました。中国の政府、航空会社、航空業界のパートナー企業の皆様との長年にわたる関係、そして皆様からのボーイングに対する信頼を誇りに思います」と語っています。

    中国の航空会社に納入される737 MAXはシアトルから舟山へ飛行し、ボーイングとCOMACの合弁事業である最終仕上げセンターで内装作業が行われます。同センターの業務内容は今後次第に拡大し、塗装ハンガーを3つ増設して塗装工程も担うようになります。仕上げが完了した航空機は隣接するボーイングの引き渡しセンターに移動され、受入検査や納入手続きが実施されます。

    COMAC総経理の趙越譲氏は、「ボーイングが舟山から737 MAXを初納入したことを喜ばしく思っています。中国での存在感を強め、米中両航空機メーカーの提携によって時代を切り開きながら中国航空産業の成長を支援する、というボーイングの取り組みにおいて、重要なマイルストーンを達成したと言えます」と語っています。

    舟山センターは総面積6万2,000平方メートルで、長距離型のMAX 7から座席数の多いMAX 10まで、737 MAXファミリーの全機種に対応するよう設計されています。新造される全737型機のうち、3分の1が中国の航空会社に納入される中で、舟山センターは中国航空会社のお客様が保有機材の更新、拡大を、最新技術を備えたボーイングの単通路機で実現できるようにするものです。さらに、中国とのパートナーシップは、米国での生産能力の強化と航空宇宙分野における雇用増加にも寄与します。

    中国は世界最大の民間航空機市場になりつつあります。ボーイングは最新の「民間航空機市場予測(Commercial Market Outlook, CMO)」で、中国の今後20年間の新造機需要は機数ベースで7,680機(金額ベースで1兆2,000億ドル)、増加する国内機材をサポートするサービス市場は1兆5,000億ドルになると予測しています。