プレスリリース

Air New Zealand unveils beautiful 787-9 Dreamliner livery

  • ボーイング、737 MAX 7初号機をお披露目

    • 737 MAXファミリーでは最長の航続距離、数週間後に飛行試験開始
    • サウスウエスト航空への初納入は2019年

    ワシントン州レントン発,  2018年2月5日 - ボーイングは本日、737 MAX 7初号機をレントン工場(ワシントン州)でお披露目し、何千名もの従業員が見守る中、またひとつ新たな節目に到達しました。

    737 MAX 7はボーイング最新鋭の737 MAXファミリーの3機目となる派生機で、最大座席数は172席、航続距離はファミリー最長の3,850海里(約7,130キロメートル)です。

    737-700型機の後継機である737 MAX 7は、さまざまな技術の向上により、航続距離を1,000海里(約1,850キロメートル)伸長し、座席数を増加しながら、燃料消費量を1座席当たり18%節減します。

    初号機は現在フライトライン(整備場)でシステム、燃料、エンジンのチェックを開始しており、一連のチェックが完了する数週間後には飛行試験を開始します。

    737 MAX 7は2019年にローンチカスタマーであるサウスウエスト航空に初納入されたのち、運用開始の予定です。

    737 MAXファミリーはお客様に比類のない性能を提供することにより、1座席当たり運航コストの低減と航続距離の伸長を実現し、単通路機市場での新しい目的地開設に貢献します。737 MAX 8は世界中のお客様によって昨年運用が開始され、MAX 9は数カ月後に初納入の予定です。昨年、パリ航空ショーでローンチされたMAX 10は2020年に運用開始が計画されています。

    737 MAXファミリーはボーイング史上最も受注スピードが速く、これまでに世界92社のお客様から合計4,300機以上を受注しています。

    詳しくは下記サイト(英語版)をご覧ください。
    www.boeing.com/commercial/737max