プレスリリース

Air New Zealand unveils beautiful 787-9 Dreamliner livery

  • ボーイング、今後20年間でパイロット需要は未曾有の規模になると予測

    • 「2018年パイロットと技術者予測」の中で、2037年までに約79万名のパイロットが必要と予測
    • パイロット不足の理由は、航空機総数の増加と人材供給量の減少
    • ボーイングは航空会社を支援するトレーニングと乗員計画のソリューションを提供

    ウィスコンシン州オシュコシュ発,  2018年7月23日 - ボーイングは本日、「2018年パイロットと技術者予測」を発表しました。今後20年間に必要とされるパイロットは79万名になると予測しています。これは現在の2倍の規模で、9年間毎年予測してきた中で最大となります。

    「2018年民間航空機市場予測(2018 Commercial Market Outlook, CMO)」で報告されたように、世界の航空機総数は2037年までに現在の2倍になる見込みです。パイロット需要の増加は、こうした予測を反映するものです。また、航空機での旅行の記録的な需要と人材供給量の低下もパイロット需要を押し上げています。今回の予測では、ビジネス航空と民間ヘリコプターの分野のデータも初めて取り入れました。

    ボーイングは航空会社がパイロットの需要増を満たせるよう、「パイロット・デベロップメント・プログラム」を提供します。未来のパイロットを航空業界の入門レベルから副操縦士レベルへと導く強化トレーニングプログラムです。さらに、人材を最適化し、途切れることがないようにするツールによって、航空会社の効率的な乗員計画を支援します。

    整備技術者の需要予測は648,000名から622,000名に減少しました。主な要因は、新造機に必要な整備の間隔が長くなったことです。これに加えて、ビジネス航空と民間ヘリコプターの分野での需要は、両方合わせて、パイロット155,000 名、技術者132,000 名と予測しています。

    客室乗務員の需要予測は839,000名から858,000名に増加しました。機材ミックスの変化、規制上の要件、より座席数の多い座席配置、個人向けサービスを強化するためにキャビンを複数配置するレイアウトなどが要因です。これに加えて、ビジネス航空での客室乗務員の需要は32,000 名が見込まれます。

    「2018年パイロットと技術者予測」(英語)の詳細は、ボーイングのウェブサイト(http://www.boeing.com/commercial/market/pilot-technician-outlook/)でご覧いただけます。