プレスリリース

Air New Zealand unveils beautiful 787-9 Dreamliner livery

  • ボーイング、ニール ゴライトリーをコミュニケーション担当SVPに任命

    シカゴ発,  2019年12月23日 - ボーイングは本日、ニール ゴライトリーをコミュニケーション担当シニア・バイス・プレジデントに任命しました。ゴライトリーは、2020年初頭に退職予定のアン トゥールーズの職を引き継ぎ、2020年1月1日付けで就任します。

    ゴライトリーは、当初は暫定CEOグレッグ スミスの、2020年1月13日からは社長兼CEOデビッド カルフーンの指揮の下、シカゴで任務に当たり、取締役も務めます。

    ゴライトリーは、2018年からフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)でグローバル・チーフ・コミュニケーション・オフィサーを務めてきました。コミュニケーションと戦略の分野での経験は25年にわたり、FCA、ロイヤルダッチシェル、フォード・モーター・カンパニーをはじめとするグローバル企業で数々の指導的役割を果たしました。民間企業での経歴に先立っては、米海軍に14年間勤め、戦闘機パイロット、米海軍長官と米統合参謀本部議長のスピーチライターなどを務めました。