プレスリリース

  • ボーイング、防衛向けの新型無人機を発表

    • 最新の無人機、ボーイング・エアパワー・チーミング・システムは航空優勢に対するマルチミッションのサポートを提供
    • 各々の国でカスタマイズでき、領空主権能力を向上できるよう設計
    • ボーイングがオーストラリアで開発する初の無人航空機

    オーストラリア・メルボルン発,  2019年2月27日 - ボーイングは本日、最新の無人航空機であるボーイング・エアパワー・チーミング・システム(ATS: Airpower Teaming System)を発表しました。本システムは、既存の軍用機と巧みに連携して、空中でのミッションを補完・拡張します。ボーイング・オーストラリアが世界の防衛分野の運用者のために開発し、新型無人航空機プログラムの投資としては米国を除いて最大規模になります。

    ボーイング・エアパワー・チーミング・システムは、現在開催中のオーストラリア国際航空ショーで発表され、その模型がオーストラリアの国防大臣と空軍参謀本部長によって披露されました。ボーイングは研究開発活動の一環として、オーストラリア政府と共に「ロイヤル・ウィングマン—アドバンスト・デベロップメント・プログラム」と呼ばれるコンセプトデモンストレーターを作り、そこから得る重要な知見をボーイング・エアパワー・チーミング・システムの製造につなげます。

    ボーイング・エアパワー・チーミング・システムは、同盟軍が有人・無人任務を遂行する上でゲームチェンジャーな優越性を獲得することに寄与します。これは、迅速に任務仕様が変更でき、また各種任務仕様機が他機と連携して多様な任務を遂行し、空軍力の防御と投入において真のフォースマルチプライヤーになることを意味します。主な特長は以下の通りです:

    • 全長11.7メートルで航続距離は3,700キロメートル以上、戦闘機のようなパフォーマンスを発揮
    • 統合センサーを搭載し、情報収集・警戒監視・偵察・電子戦等の各任務
    • 自律航行、他機との安全な距離を維持しながらの有人航空機支援に人工知能(AI)を使用

    ボーイングにとって、米国外での開発はもとより、世界中のお客様が各国のそれぞれの要求に合致した国内の装備品・機能を統合できるように設計したことも歴史的な試みです。ボーイング・エアパワー・チーミング・システムは防衛能力に変革をもたらし、お客様はこのプログラムのパートナーになって、領空主権能力の向上を実現できます。

    初飛行は2020年の予定です。

    ボーイング・エアパワー・チーミング・システムのメディアキットを以下よりダウンロードできます。
    http://dropbox.navigon.net/
    Username: BoeingAus
    Password: BoeingAus2