プレスリリース

  • JAXAと米国ボーイング社間の航空分野における協力協定の締結について

    東京発,  2019年2月1日 - 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(以下「JAXA」)と米国ボーイング社(以下「ボーイング」)は、航空分野における「協力協定(以下「本協定」)」を新たに締結いたしましたので、お知らせいたします。

    JAXAとボーイングは2009年から、航空分野における将来技術の研究開発を促進するために、共同研究などを通じ協力関係を築いてまいりました。

    最近では、JAXAとボーイングは、フライトの安全性をより向上するために乱気流を正確に検知・回避する晴天乱気流検知システムについて研究を行っています。2018年には、ボーイングのエコデモンストレーター・プログラムにて、JAXAが開発した晴天乱気流検知システムが搭載され飛行試験が実施されました。

    本協定の締結によりJAXAとボーイングとの協力関係を深めることで、今後、このようなJAXAとボーイングの協力関係を一層推進・発展し、新たな共同研究のための機会を創出します。