プレスリリース

Air New Zealand unveils beautiful 787-9 Dreamliner livery

  • ボーイング、電動有人試験機の初飛行試験を完了

    バージニア州マナサス発,  2019年1月23日 - ボーイングは、昨日、電動有人試験機の初飛行試験を成功裏に完了しました。マナサス(バージニア州)で実施された飛行試験では、電動垂直離着陸機(eVTOL)が垂直離陸し、そのままの状態で空中に浮揚し、垂直着陸しました。そのほか、機体の自律機能と地上制御システムの性能も確認しました。

    今回、飛行試験を行った電動垂直離着陸機は、ボーイングの子会社であるオーロラ・フライト・サイエンシズにより設計・開発され、その航続距離は最長で80.47キロメートルになります。都市間における空の革新的な移動手段を提唱するボーイングの新しい部署、ボーイング・ネクスト(Boeing NeXt)は、オーロラ社を活用して、まったく新しいオンデマンド型の空の輸送手段を実現しようとしています。そして、その安全性と信頼性を確立するために、引き続き電動垂直離着陸機の飛行試験を実施していきます。

    今後の飛行試験では、垂直離陸から前進飛行への移行、さらには固定翼を使った前進飛行が含まれます。この移行段階は、高スピードの垂直離着陸機にとって技術的に最も重要な関門となります。

    ボーイングのチーフ・テクノロジー・オフィサーであるグレッグ ハイスロップは次のように述べています。「私たちは、わずか一年で、コンセプト設計から実際に飛行する試験機を作りました。世界で最も安全かつ最も効率的な輸送手段としての航空輸送の開発には、ボーイングの知識とイノベーションは欠かせません。今後も、新しい空の輸送ソリューションのため、ボーイングは、安全を第一に航空業界を牽引していきます」

    長さ9.14メートル、幅8.53メートルの電動有人試験機は、効率的な浮揚と前進飛行を実現するため、推進システムと翼を機体に統合しました。電動有人機のほか、ボーイング・ネクストのポートフォリオには、電動無人貨物機もあります。最大で227キログラムまでの貨物を運ぶことができる電動無人貨物機は、昨年、屋内の初飛行試験を完了しました。今年、屋外での飛行試験を予定しています。