プレスリリース

  • ボーイング、次世代情報技術などを搭載した777型機の飛行試験実施へ

    シアトル発,  2019年7月1日 - ボーイングは、次世代情報技術や最先端のカメラ等を搭載した777型機の飛行試験を今秋にも実施します。

    この飛行試験は、航空機の安全性、環境性能、そして客室内の快適性の向上を実現するため、さまざまな新しい技術を航空機に搭載し、飛行しながら実験を行うボーイング・エコデモンストレータ―・プログラムの一環です。

    2019年秋に実施予定の飛行試験では、50種類もの新技術プロジェクトがテスト対象になります。そのなかには、以下の技術が含まれています。

    • 航空交通管制、コックピットおよび航空会社のオペレーション・センター間でのデジタル情報の共有技術。この技術で、機体進路の効率化とフライトの安全性を最適化します。
    • 電子化フライトバッグアプリケーション。次世代情報伝達技術を駆使し、気象状況によりやむを得ない場合、パイロットに進路変更の情報を自動的に送信します。
    • コネクテッド・キャビン。新技術で、機内のギャレーや化粧室のよりスマートな運用を目指し、客室内の温度と湿度を絶えずモニターし、自動的に快適なレベルに調整します。
    • 最新のカメラを搭載し、より多くの乗客が機外の景色を見ることができるようにします。

    飛行試験に使用される燃料の大部分は、CO2排出削減のため、持続可能な燃料を用います。米国での飛行試験のほか、シアトルからドイツのフランクフルト空港までのフライトも予定しています。

    エコデモンストレータ―・プログラムの飛行試験は2012年より始まりました。これまでの飛行試験では、737-800型機、787-8型機、757型機、777型貨物機、そしてエンブラエル社のE170型機が試験機として使用され、2018年までに延べ112種類もの技術が実験対象となりました。

    過去に実験対象になった技術のなかで、現在、航空機に使用されているものは、パイロットに情報をリアルタイムで送るiPadのアプリや、最新鋭の777Xに搭載されるパイロットが地上での障害物を避ける際に使うカメラシステムがあります。