プレスリリース

  • ボーイング、737 MAX運航停止による関連費用を第2四半期に計上

    シカゴ発,  2019年7月18日 - ボーイングは本日、737 MAX運航停止に関連する費用として49億ドルを2019年4~6月期の決算で計上することを発表しました。特別費用は、第2四半期の売上高と税引前利益を56億ドル押し下げます。

    この特別費用は、737 MAX運航停止によるお客様に対する潜在的なコストや引き渡しの延滞に伴うものです。

    ボーイングは、737 MAXの運航再開に向けて各国当局と引き続き連携してまいります。運航再開の時期は、各国当局が決定します。

    ボーイングは、各国当局による737 MAX運航再開の承認開始が2019年10~12月期頃を想定しておりますが、この見通しは、あくまでも現時点におけるもので、実際の時期は異なる可能性がございます。

    第2四半期決算は、7月24日に発表いたします。