プレスリリース

  • ステートメント:737 MAXの認証と運航再開について

    シカゴ発,  2019年5月16日 - ボーイングは、737 MAXのソフトウェア改修の開発、ならびに関連するシミュレーターのテスト、エンジニアリング試験飛行を完了しました。現在までに、改修したMCASソフトウェアを搭載した737 MAXでの試験飛行は207回を数え、飛行時間は360時間を超えています。

    ボーイングは現在、米連邦航空局(FAA)からの要件に応じて追加情報を提供しています。その中には、パイロットがさまざまな飛行状況の中で航空機の制御機能と画面をどのように操作するかの詳細などが含まれます。こうした要件への対応後、ボーイングはFAAと協力してFAAによる認証飛行試験の日程を決定し、認証に向けた最終書類を提出します。

    ボーイングの会長、社長兼CEOであるデニス マレンバーグは次のように述べています。
    「安全を何よりも優先し、ソフトウェア改修に必要なエンジニアリング飛行試験すべてを完了しました。そして、最終認証飛行の準備を進めています。FAAと各国の航空当局には必要な情報をすべて提供し、適切に進めることに努めています。着実に前進しており、改修したMCASソフトウェアを搭載した737 MAXは、これまでで最も安全な航空機の一つになると確信しています。事故を受けて、私たちの仕事が多くの命にかかわることから、私たちは、安全、品質、誠実さという私たちの価値を実現するため、これまで以上に力を注いできました」

    さらに、ボーイングはトレーニングプログラムを強化し、運航再開と長期にわたるオペレーションをサポートするため、現在、FAA、各国の航空当局、航空会社のお客様とともにそのプログラムの確認作業を行っています。またその一環として、世界中で各地域のお客様との会議を開催しています。