プレスリリース

  • ボーイング、ポルシェと都市型エアモビリティ市場開発で提携

    シュツットガルト/シカゴ発,  2019年10月10日 - ボーイングとポルシェは、都市型エアモビリティの市場開発と都市型交通の空域拡大の分野で、覚書に署名しました。

    ボーイング、ポルシェ、そしてボーイングの子会社であるオーロラ フライト サイエンスは、電動垂直離着陸機のコンセプトを共同開発し、両社およびポルシェの子会社であるポルシェ エンジニアリング サービスとスタジオF.A.ポルシェが、試作機の製造と試験を行います。

    今提携のもと、両社は国際チームを立ち上げ、都市型エアモビリティの市場分析などを進めてまいります。

    2018年に発表されたポルシェ コンサルティングの調査によると、都市型エアモビリティ市場は2025年以降に活性化すると予測され、都市型エアモビリティが提供するソリューションは、低価格かつより高い柔軟性を備え、既存の交通手段と比べて、人びとをより速く、効率的に運ぶことができるとみられています。

    詳しくは英語リリースをご覧ください。
    Porsche and Boeing to Partner on Premium Urban Air Mobility Market