プレスリリース

  • ボーイング、エンブラエルとの合弁会社設立の契約を終了

    シカゴ発,  2020年4月25日 - ボーイングは、本日、エンブラエルと戦略的パートナーシップの構築に向けた売買基本契約を終了したことを発表しました。

    両社は、エンブラエルの民間航空機事業を推進する合弁会社と、空中給油・輸送機C-390 Millenniumや空飛ぶクルマ等の新規市場開拓を担う合弁会社の設立を目指し交渉を重ねてまいりましたが、エンブラエルが必要条件を満たさなかったため、ボーイングは4月24日の交渉期限をもって、契約終了の権利を行使いたしました。

    詳しくは下記サイト(英語版)をご覧ください。

    Boeing Terminates Agreement to Establish Joint Ventures with Embraer