プレスリリース

  • ボーイング、787型機製造拠点をサウスカロライナ州に2021年に集約

    シアトル発,  2020年10月1日  - ボーイングは、本日、787型機の製造拠点をサウスカロライナ州のノースチャールストン工場に、2021年半ばをめどに集約することを発表しました。

    製造拠点を一カ所に統合することにより、稼動効率の改善、低迷する市場への適応、そして今後の需要回復および長期的な成長への足固めをすすめます。

    787型機の月産レートは2021年に6機となりますが、ワシントン州エバレット工場での787型機の生産は、2021年半ばまで継続します。

    787型機のファミリーは、787-8型機、787-9型機、そして最長の787-10型機と全部で3機種あります。ボーイングは、2007年にエバレット工場で787-8型機と787-9型機の組み立てを開始し、2010年に787型機の第二工場としてノースチャールストン工場の稼働を開始しました。

    現在、787-8型機と787-9型機はエバレット工場で、787型機ファミリー3機種すべてをノースチャールストン工場で製造しています。

    下記プレスリリース(英語)をご覧ください。
    https://boeing.mediaroom.com/2020-10-01-Boeing-to-Consolidate-787-Production-in-South-Carolina-in-2021

    ボーイング ジャパン Twitter公式アカウント(@BoeingJapan)
    https://twitter.com/BoeingJapan