ランディのブログ

Air New Zealand unveils beautiful 787-9 Dreamliner livery

次世代737型機、ついに貨物機に

ボーイングのCommercial Aviation Services(CAS、民間航空機サービス)は今週(2016年2月25日時点)、中国・上海で737-800BCF(ボーイング・コンバーテッド・フレイター)のプログラムをローンチしました。ボーイングは7社のお客さまから計55機を改造する確定発注と発注コミットメントを獲得し、今回の発表はそれを受けたものです。ボーイングが次世代737型機を貨物機に改造するのは初めてです。

次世代737型機、ついに貨物機に

737-800BCFはサービス事業を大幅に拡大する戦略の一環です。747/767/777型機の貨物機とはまったく異なる市場が対象で、主に国内路線で宅配貨物輸送に使用される予定です。

上海での契約式典に集まったローンチ・カスタマーの皆さん

上海での契約式典に集まったローンチ・カスタマーの皆さん

私たちの予測では、737型機サイズの旅客機転用型貨物機への需要が今後20年間で1,000機以上発生し、市場全体の約3分の1を中国の国内貨物航空会社が占めるとみています。

737-800BCFの初号機は2017年第4四半期に納入される予定です。

Posted on 25 February 2016