ランディのブログ

MAX、初の国外飛行へ

737 MAXの開発はその後も計画通りに進んでいて、間もなく米国外でも試験飛行を実施します。この日は、3機目となるMAXの初飛行に成功しました。

4月14日、レントン空港から初飛行に出る3機目の737 MAX飛行試験機(Monica Wehri撮影)

4月14日、レントン空港から初飛行に出る3機目の737 MAX飛行試験機(Monica Wehri撮影)

 

 

737 MAX3号機の空撮(John D. Parker撮影)

737 MAX3号機の空撮(John D. Parker撮影)

 

 

737 MAX3号機を空撮した別カット(John D. Parker撮影)

737 MAX3号機を空撮した別カット(John D. Parker撮影)

 

ところで、初号機と2号機の試験飛行はすでに計50回を数えます。低速飛行時の安定性、操縦性、フラッター特性などの試験を終え、MAXプログラムの責任者は「whisper smooth(ささやくようにスムーズ)」と表現しています。

こちらは737 MAX飛行試験機の初号機(Paul Weatherman撮影)

こちらは737 MAX飛行試験機の初号機(Paul Weatherman撮影)

 

 

カリフォルニア上空を飛ぶ737 MAX2号機(John D. Parker撮影)

カリフォルニア上空を飛ぶ737 MAX2号機(John D. Parker撮影)

 

今後は、もう間もなく2号機が高高度試験のためにボリビアのラパスまで飛行する予定です。これは737 MAX飛行試験機にとって初の国外フライトです。

また、4号機も近々、客室を装備して工場から姿を現し、その他の試験のために世界各地に飛び立つ予定です。

MAXの性能を試す場所が、地元の空から世界中の空へと広がっていきます。皆さん、ぜひご期待ください。

Posted on 14 April 2016