ランディのブログ

MAX初号機に続け!

今年1月29日に初飛行に成功して以来、737 MAX初号機(1A001号機)は一連の試験を着々とこなし、飛び続けています。

737 MAXは初飛行から数えて6日間のうち5日間、計画通りに飛行試験をこなし、この勢いを継続している

2016年1月30日に撮影された1A001号機。初飛行の翌日に2回目の試験飛行を実施するのは、新型航空機プログラムでは異例。737 MAXは初飛行から数えて6日間のうち5日間、計画通りに飛行試験をこなし、この勢いを継続している(Kevin Flynn撮影)


チームは飛行試験計画を次々と実行に移し、近々3機の飛行試験機を加えようと準備を進めています。

数週間前に撮影されたレントン工場の様子。

数週間前に撮影されたレントン工場の様子。中央ラインでそれぞれ異なる製造段階にある737 MAX飛行試験機3機が見える(Jim Anderson撮影)


レントン工場のフライトラインに駐機する737 MAXの2号機(1A002号機)

レントン工場のフライトラインに駐機する737 MAXの2号機(1A002号機)。“ライト版”ともいえる塗装は、尾翼のデザインと特有のカラーは初号機と同じだが、よりシンプルでリーンなデザイン。塗装工程の所要時間が短縮され、試験飛行への移行がより迅速になる(Jim Anderson撮影)


Posted on 18 February 2016