次世代737型の概要

Air New Zealand unveils beautiful 787-9 Dreamliner livery

  • ボーイング737型ファミリーの新メンバーである次世代737-600/-700/-800/-900各モデルは、世界で最も多く使用されている民 間ジェット機としての737型機の優位性を引き継いでいます。737型ファミリーはこれまでに6,000機以上の受注を獲得していますが、この数は、現在 ボーイング最大の競合社がビジネスを開始以来、今日までに獲得した全機種の合計受注数を上回っています。
     
    短・中距離用航空機である737型機は、信頼性、容易性、運航・整備コストの低減による付加価値を航空会社に提供するというボーイングの基本哲学に基づく機体です。

    次世代737型ファミリーは、従来型737型機を基盤とし、様々な改善を施すとともに、最先端テクノロジーを導入しています。なかでも、最先端ブレ ンディッド・ウィングレットは、燃料効率の向上、航続距離の延長、座席数の増加、エンジンのメンテナンス・コストの削減をもたらすなど、航空会社に数々の 優位性を提供しています。

    また、次世代737型旅客機の客室は従来機のデザインを刷新、旅客により快適かつ斬新な機内環境を提供しています。

    次世代737型ファミリーのなかでも最新機種の737-900ER型機は、737-900型機の座席数を増加、航続距離を延長した航空機で、インドネシアのライオン・エアーより30機の受注を受け、2005年7月18日にローンチしています。