777X

ボーイングの最新鋭機777Xは、777型機と787ドリームライナーの成功を土台として生まれた、世界最大かつ最も効率性が高い双発機です。あらゆる点でほかに並ぶもののないパフォーマンスを発揮する777Xは、キャビンにもさまざまな改良が加えられました。お客様からの評価が高い現行の777型機と787ドリームライナーのキャビンをベースにして、快適で便利な機能をさらに向上。大型の窓、広々としたキャビン、快適な温度と湿度、静音性、新しい照明などによって、空の旅はより心地よい体験になります。また、こうした特長を組み合わせて客室構成をカスタマイズできるので、航空会社は乗客のニーズに応えながら独自色を打ち出すことも可能です。

777Xの最新情報は、ボーイングのウェブサイト(英語)をご覧ください。
http://www.boeing.com/777x/reveal/

ソーシャルメディアでも777Xのさまざまな特長をご紹介しています。またカメラを使って機内を疑似体験できます。
Facebookカメラ

 

  777-8 777-9
座席数(2クラス構成) 350~375席 400~425席
航続距離 8,700海里(16,110 km) 7,600海里(14,075 km)
座席配置 双通路型
エンジン GE9X
翼幅 飛行時 72m
駐機時 65m
長さ 70m(229フィート) 77m(252フィート)
ウィングチップ 炭素複合材で作られた非常に長い主翼には、折りたたみ式のウィングチップを採用。既設空港に対応するため駐機時には折りたたみ、飛行時には7m(23フィート)長くなるよう展開し、大きな揚力を発生させて燃費効率を最大化
初納入 2020年予定