日本が運用するボーイング製装備品

Air New Zealand unveils beautiful 787-9 Dreamliner livery

ボーイングの防衛・宇宙・安全保障部門は、1956年に三菱重工が当時のノースアメリカン・アビエイション(現ボーイング)製F-86セイバージェット戦闘機のライセンス生産を開始して以来、日本の防衛産業と長く良好な関係を構築してきました。その間、数多くのボーイング製装備品が日本企業によってライセンス生産や維持整備が行われています。現在、日本の自衛隊が運用・採用しているボーイング製装備品は下記の通りです。