F-15イーグル戦闘機

Air New Zealand unveils beautiful 787-9 Dreamliner livery

F-15イーグルは高速・高機動、および長射程 空対空ミサイルの運用 能力と、高性能レーダーを持つ双発の大型制空戦闘機です。マッハ2を超える高速性・加速力と高い旋回能力、長い航続距離、多くの兵装を搭載できます。最先端の統合アビオニクスとデータリンクにより、他機種等と情報を共有化して、優れた情報認識を行うネットワーク セントリックなオペレーションが可能な機体です。

F-15の優れた機動性と加速力は、大きな主翼による低い翼面荷重と、機体重量より高い双発エンジンが支えることで、高い旋回能力と速度が失われにくい、強力な格闘戦闘能力をも有しています。

ヘッドアップ ディスプレイ 、高性能レーター、慣性航法装置、搭載のデータリンクを使用することにより、早期警戒管制機(AWACS)と連携して高度な迎撃能力を発揮します。また、敵味方識別装置、レーダー警戒受信機、電子戦警戒装置、電子妨害装置等が自動統合化された電子戦システムも装備しています。

兵装に関してはAIM-120発展型中距離 空対空ミサイル、AIM-9L/M短距離 空対空ミサイル、20ミリ ガトリング機関砲および日本製のミサイルなど、多くの種類を搭載できます。F-15C(自衛隊F-15J)は単座型、F-15D(自衛隊 F- 15DJ)は複座型です。余裕を持たせた設計により、近代化改修が図られ、米空軍をはじめ、日本を含む世界の空軍で第一線任務に運用されています。派生型であるF-15Eストライク イーグルは米空軍だけでなく海外でも採用され、現在も生産を続けています。

機体仕様 Specifications
乗員 :  1名または2名
全幅 :  13m
全長 :  19.44m
全高 :  5.6m
最高速度: マッハ約2.5
航続距離: フェリー/3,450km、落下型増槽/4,630km以上、密着型増槽(CFT)
                /5,750km以上
エンジン: P&W製100-PW-100、200、
              アフターバーナー付きターボファンエンジン/2基
推力 : 23,450ポンドX2

自衛隊が運用するF-15DJ/Jに関しては、航空自衛隊のホームページをご参照ください。