KC-46ペガサス

最新情報

2017年5月2日
ボーイングの空中給油機KC-46A飛行試験に新たな完成仕様機が追加


エバレット発 ボーイングの空中給油機KC-46試験プログラムの参加機数が計6機になり、米空軍への初納入に向けて、地上試験と飛行試験の充実が図られることになりました。

最新の空中給油機KC-46は2回目の低率初期生産ロットの1機で、4月29日に初飛行を完了。同機の試験活動は、レーダーや電波塔、その他のシステムからの電磁環境下での安全飛行の確認を目的としています。

ジョン ニューベリー米空軍大佐・KC-46プログラム・マネージャーは、「KC-46の運用能力の確認を行うプログラムにおいて、当該機の初飛行はまた一つ重要なステップをクリアしたことになります」と述べています。

新たなKC-46完成機1機が試験プログラムに加わることにより、効率がさらに高まり、試験項目を完了する能力が大きく向上します。試験参加機6機のうち、3機が767-2C原型機であり、現在、そのうちの1機をKC-46に改修中です。これにより、まもなくKC-46の試験実施機が4機になります。

現在までに同プログラムの試験機は1,600時間の飛行試験を完了しました。また、F-16戦闘機、F/A-18戦闘攻撃機、AV-8B垂直離着陸攻撃機、C-17大型輸送機、A-10攻撃機、KC-10空中給油・輸送機との空中給油試験は1,200回を超えています。

ボーイングは767型機を開発母機とするKC-46Aをエバレット工場で計179機製造する予定です。

KC46-Aはマルチロールの空中給油機で、国際的な空中給油の手順に準拠したすべての同盟国軍用機に給油できるほか、人員、貨物、患者を輸送することができます。

詳しくは下記プレスリリース(英語)をご覧ください。
Boeing KC-46A Tanker Joins Flight Test Program

 

KC-46ペガサストップに戻る