KC-46ペガサス

最新情報

2017年12月22日
ボーイング、日本向けの空中給油機KC-46を受注

〜 航空自衛隊がKC-46初の海外顧客に 〜

エバレット発 ボーイングはこのほど米空軍より航空自衛隊向けの空中給油機KC-46初号機を受注しました。受注額は2億7900万ドルです。米国の対外有償軍事援助(FMS)による今回の契約は、KC-46プログラム初となる米国外での販売になり、後方支援も含まれています。

日本政府は、米空軍の次期空中給油機にボーイングのKC-46が選定された後、航空自衛隊が導入する新型空中給油機に同機を選定しました。航空自衛隊は、KC-767 空中給油・輸送機4機という現在の装備にKC-46が加わることになります。

米空軍空中給油機本部のプログラム・エグゼクティブ・オフィサーであるドナ シップトン准将は、「今回の受注は日米同盟強化における重要なステップであり、両国がKC-46を運用することによって、インターオペラビリティ(相互運用性)を高めていくことができます」と語っています。

ボーイング ジャパンの社長、ブレット ゲリーは次のように述べています。
「マイルストーンとなる今回の受注は、60年以上にわたる日本との価値あるパートナーシップを反映するものです。KC-46プログラムでこの協力関係を継続することを楽しみにしています。KC-767 空中給油・輸送機とE-767 早期警戒管制機(AWACS)を担当する日本の熟練パイロットと整備員は、私たちが提供する効率の高い航空機を飛行・サポートすることにすでに精通しています。今後さらなる能力向上につながるよう協力してまいります」

KC-46はマルチロールの空中給油機で、国際的な空中給油の手順に準拠したすべての同盟国軍用機に給油できるように設計されているほか、人員、貨物、患者を輸送することができます。

ボーイングは2011年、米空軍向けにKC-46Aペガサスの開発を開始し、現在、ワシントン州エバレットの施設で組み立てています。米空軍が今世紀半ば以降に運用・維持するKC-46は179機になる予定です。

完全なKC-46装備による初テストフライトは2015年9月に実施されました。計6機が参加する試験プログラムでは、現在までに2,200時間を超える飛行試験を完了し、F-16、F/A-18、AV-8B、C-17、A-10、KC-10、KC-46各機への空中給油を実施しています。

空中給油能力に加えて、KC-46はメインデッキの貨物ドアと貨物用フロアを備えているのが特長です。フロアにはシートトラックとカーゴ・ハンドリング・システムが搭載され、あらゆる任務に応じて迅速に仕様・形態を変更できるように設計されています。KC-46は同システムを使用することで、パレット貨物と人員、航空医療装置を様々な組み合わせで同時に輸送できます。さらに、より大型の航空機や中古機と比較してライフサイクルコストが低減され、コストを大幅に抑えることも可能にしています。

KC-46は信頼性の高い767型機をベースとしており、機体構造の16%はボーイングの日本のサプライヤーパートナーによって製造されています。ボーイングと日本のパートナーシップの歴史は60年を超える長きにわたり、宇宙、民間航空機、防衛の分野で機会を拡大、成長し続けています。ボーイングの日本における支出は現在、年間50億ドルを超え、米国外最大の供給国になっています。日本には1953年に初めて拠点を構え、現在は国内に広がる20以上の主要拠点で約200名の従業員が勤務しています。

詳しくは下記プレスリリース(英語)をご覧ください。
Boeing Receives Contract for Japan KC-46 Tanker

KC-46ペガサストップに戻る