KC-46ペガサス

最新情報

2018年12月3日
ボーイングの空中給油機KC-46、フェーズII受油機承認試験を完了

エバレット発 ボーイングの空中給油機KC-46は、フェーズIIの受油機承認飛行試験を完了いたしました。F-15Eとともに行われた3週間にわたる飛行試験は、カリフォルニア州のエドワーズ米空軍基地で実施されました。

ボーイングと米空軍のKC-46チームは、2018年4月よりF-16を使って受油機承認飛行試験を開始しました。それ以来、両チームは、KC-135、C-17、A-10、KC-46、B-52およびF/A-18との受油機承認飛行試験を終了しました。

ボーイングKC-46Aバイス・プレジデント兼プログラム・マネージャーのマイク ギボンズは、次のように述べています。「この度の飛行試験の完了に、米空軍とボーイングのチームに敬意を表します。これより、来年の初期運用試験と評価試験に向けて準備を進めてまいります。KC-46プログラムは、飛行試験と生産においても、着実に進んでいます」

受油機承認試験では、KC-46と受油機は、それぞれ異なる速度、高度、形態で各受油機の給油可能空域におけるその性能と適合性を確認いたしました。

現在、米空軍と空中給油認証局は、各機種の最終承認に向けて、すべての試験データと文書業務のレビューを行っています。

これまでに6機の航空機を使用して行われた飛行試験の総飛行時間は3,700時間を超え、これまでに400万ポンド(約180万キログラム)以上もの燃料を空中給油しました。2019年には、米空軍がフェーズIIIの受油機承認飛行試験をエドワーズ空軍基地で行います。この試験では、受油機の機種がさらに追加されます。

KC-46はボーイングの民間航空機767型機を開発母機とし、ワシントン州エバレット工場で製造されています。ボーイングは現在、米空軍向けに製造する予定179機のうち、最初の52機を受注しています。

KC-46はマルチロールの空中給油機で、国際的な空中給油の手順に準拠したすべての同盟国軍用機に給油できるほか、人員、貨物、患者を輸送することもできます。

詳しくは下記プレスリリース(英語)をご覧ください。
Boeing KC-46 Tanker Program Completes Phase II Receiver Certification Testing

 

KC-46ペガサストップに戻る