KC-46ペガサス

最新情報

2018年12月10日
ボーイング、2機目の日本向け空中給油機KC-46の契約締結

エバレット発 ボーイングは、米空軍より航空自衛隊向けの2機目となる空中給油機KC-46の契約を締結いたしました。今回の契約は、日本へのKC-46初号機の受注と同様、米国の対外有償軍事援助(FMS)によるものです。

日本政府による選定を経て、ボーイングは2017年12月に空中給油機KC-46初号機を受注いたしました。日本は、KC-46プログラムにおける初の海外顧客です。

米空軍KC-46システム・プログラム・マネージャーであるジョン ニューベリー大佐は次のように述べています。
「日本が導入する新しい空中給油機は、米空軍との相互運用性をさらに強化するだけでなく、二国間における安全保障パートナーシップにおいて重要な役割を果たすことになるでしょう」

ボーイング防衛・宇宙・セキュリティ部門 グローバルセールス&マーケティング アジア担当 リージョナル エグゼクティブ ジョン スーディングは以下のように述べています。 「日本は、KC-46プログラムの最初の海外パートナーです。この非常に高性能なマルチロールの空中給油機を航空自衛隊に引き渡すことをとても楽しみにしています。KC-46は、これまでの空中給油機と比べて維持、整備しやすく、信頼性も改善され、ライフサイクルコストも削減します」

KC-46はマルチロールの空中給油機で、国際的な空中給油の手順に準拠したすべての同盟国軍用機に給油できるほか、人員、貨物、患者を輸送することもできます。

ボーイングは2011年より米空軍向けに空中給油機KC-46Aペガサスの開発を進めてまいりました。ボーイング767型機を開発母機とするKC-46は、ワシントン州エバレット工場で製造されています。

初飛行は2015年9月に実施され、6機の試験機を用いた空中給油試験は完了しました。総飛行時間は3,700時間以上におよび、これまでに400万ポンド(180万キログラム)以上もの燃料をF-15E、F-16、F/A-18、AV-8B、C-17、A-10、B-52、KC-10、KC-135および KC-46に空中給油してきました。

詳しくは下記プレスリリース(英語)をご覧ください。
Boeing on Contract for Second Japan KC-46 Tanker

 

KC-46ペガサストップに戻る