環境への取り組み

Air New Zealand unveils beautiful 787-9 Dreamliner livery

より良い未来の構築に向けて

ボーイングには高い専門性と独創的なアイデアを持った社員が溢れており、彼らのチカラを結集することで、会社やプロダクト、そして世界の航空宇宙業界における環境性能の強化に向かって大きく前進しています。

環境への配慮が社員の成長とビジネスの発展を加速
ボーイングのお客様はより少ない燃料や有害化学品で運航・メンテナンスできる航空機を希望され、投資家の皆様はエネルギー節約や水の保全、廃棄物の削減に よって生産性を高めることを望まれています。また地域社会の皆様からは環境保護の徹底を求められています。そして先取の精神に溢れたボーイングのチームは これまでと同様、この難題に果敢に挑んでいます。

ボーイングは過去95年間にわたり、常に一流の人材を世界各国から招き入れ、一世代前では夢物語に過ぎなかったモノを次々と開発することを重視してきまし た。創立100周年を迎えるにあたり、今の時代は環境汚染と気候変動が積極的な取り組みを必要とする深刻な課題であると認識しています。またボーイングで は当社の高い専門性と独創的なアイデアを持った社員を通じて、会社やプロダクト、そして世界の航空宇宙業界の環境性能の改善に向けて大きな飛躍を続けてい ると確信しています。

ボーイングは、効率性に優れた次世代の航空宇宙関連プロダクトを製造しているほか、地球に優しい燃料の研究で業界をリードしています。また、航空機からの 二酸化炭素排出量の削減に向けて、全世界の航空交通管理システムの効率性を高めています。加えて、より明るい未来を創造するための独創的で新たなテクノロ ジーに投資しています。

同時に当社の施設内においても、エネルギー、水、天然資源の節約を進めており、当社の生産性の向上と環境負荷の低減に貢献しています。当社では2002年 と比べて、二酸化炭素排出量を28%、エネルギー消費量を30%、有害廃棄物生成量を44%、そして取水量を41%削減しました(すべて売上ベース値)。

サウスカロライナ州の最新施設は当社が環境改善に向けて積極的な取り組みを続けていることを示す格好の事例です。施設内にある787型機の最終組立工場の 屋上を太陽光パネルで覆うなど、この施設ではすべての電力を再生可能エネルギーで賄い、有害廃棄物の生成をゼロにする予定です。

ボーイングは、これまで以上に高い環境性能を誇るプロダクトやサービスを提供し、環境面で進んだ業務遂行を図るために常に挑戦し続けています。ボーイング の社員はお客様、投資家や地域社会の皆様、そしてこの地球のために全世界でこの難題に挑み、すでに飛躍的な進歩を見せています。ボーイングではこのような 環境面での改善を加速させながら、今後もこれまでの常識を覆すような新たな可能性を追い求めてまいります。