エグゼクティブのご紹介

David L. Calhoun

デビッド L. カルフーン
社長兼CEO
ザ・ボーイング・カンパニー

デビッド カルフーン(62歳)はザ・ボーイング・カンパニーの社長兼CEOです。2020年1月に就任し、ボーイングの戦略的方向性を統括しています。

米国と世界65カ国以上で約15万人の従業員を擁するボーイングは、世界最大の航空宇宙企業であり、米国輸出企業として最大規模を誇ります。

民間航空機、軍用機、防衛・宇宙・セキュリティシステムのリーディングカンパニーおよびグローバル・サービスの提供者として、150カ国以上からなる航空会社や米国と同盟国政府のお客様を支援します。

カルフーンは、2009年よりボーイングの取締役を担い、2019年10月から12月までは会長を務めました。

ボーイング入社前は、26年間ゼネラル・エレクトリック(GE)に勤め、GEトランスポーテーションやGEエアクラフト・エンジンズなど主要事業部門を牽引し、同社の副会長およびGEインフラストラクチャー事業部の社長兼CEOを務めました。

2014年より米投資会社ブラックストーン・グループのシニア・マネージング・ディレクターおよびポートフォリオ運用のトップを、2014年から2016年には米調査会社ニールセン・ホールディングスの会長を務めました。

ペンシルバニア州出身のカルフーンは、バージニア工科大学で会計学の学士号を取得。『How Companies Win』の共著者であるカルフーンは、キャタピラーの取締役でもあります。趣味はゴルフとスキーです。