日本の教育機関との連携

Air New Zealand unveils beautiful 787-9 Dreamliner livery

ボーイングは教育分野においてもさまざまな活動を展開しています。1953年に日本に進出して以来、半世紀以上にわたって日本の産業界との協力関係を維持・強化してきました。ボーイングは、国の明日を築く若い力を支援するのも、日本の企業市民としての重要な役割であると認識しています。

これまでの主な活動は以下の通りで、大学生と小学生を対象としています。

Talent Pipeline Development Program
ボーイングは世界各国の高等教育機関とパートナーシップを組み、企業統治やインテグレーション、データに基づく分析などを通じて学生の能力開発を支援しています。Talent Pipeline Development Programはこうした世界的な戦略をリードする取り組みで、日本国内では東京大学、東北大学、名古屋大学を教育機関パートナーとして選び、カリキュラムや研究プロジェクトの強化を目的に支援しています。

大学生のエクスターンシップ・プログラム、サマー・セミナーなど
毎年4月から9月にかけて実施しているエクスターンシップ・プログラムでは、ボーイングの社員が東大、東北大、名古屋大、金沢工業大、九州大の学生たちを対象に講義を行っています。学生たちはその間にプロジェクトに取り組み、研修結果を9月に発表して成果を競います。毎年4月から6月にかけて開催しているサマー・セミナーでは、上記大学の航空宇宙工学専攻の学生たちがボーイング ジャパンのオフィスに集まり、航空産業について学んだり、航空宇宙に関するプロジェクトに取り組んだりしています。このほかにもボーイングは、毎年夏に開催される一般社団法人日本航空宇宙学会主催「全日本学生室内飛行ロボットコンテスト」を支援しています。同コンテストには海外学生チームを含む50を超える学生チームが参加し、各チームが設計・制作した200g以下のオリジナル飛行ロボットの飛行性能をアピールします。

小学生対象のSTEMプログラム
2015年からは小学生を対象に、Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(エンジニアリング)、Mathematics(数学)の分野における教育支援「STEMプログラム」をスタートしました。航空宇宙産業の集積地である東海地域の三重県庁、科学技術館(東京)、東レ、ANA、航空博物館(米シアトル)とのパートナーシップのもと、2015年9月下旬に三重県と東京都の計3カ所で開催しました。同プログラムは大好評を得て、2016年には規模を拡大し、東北から東海地域まで日本全国計7カ所で開催する予定です。