ボーイング ジャパン社長のご紹介

Will Shaffer

ウィル シェイファー
ボーイング ジャパン社長

ボーイング・インターナショナル バイス・プレジデント

ウィル シェイファーは、ボーイング ジャパン社長に2019年8月に任命されました。日本におけるボーイングのビジネス戦略の立案と遂行を担い、航空機製造の新たな成長分野を開拓します。

ビジネスパートナー、政府関係および教育機関などあらゆるステークホルダーとの関係性を深め、ボーイングの日本でのプレゼンスを高めます。ボーイング・インターナショナル社長のサー マイケル アーサーの指揮の下、東京で任務に当たります。

前職では、ボーイング民間航空機部門のプロダクト戦略および将来航空機開発を担当するサプライチェーン戦略のディレクターを務め、新たな航空機製造システムやサプライチェーンの開発と管理、そして業務改善などを牽引しました。それ以前は、同部門の素材規格担当のサプライヤーマネージメントのディレクターを務めました。

ボーイングに入社前は、シコルスキー社でジェネラル・マネージャーを3年間務め、ユナイテッド・テクノロジー社では火災・セキュリティ分野のサプライチェーンリーダーを2年間担当しました。それ以前は、マッキンゼー・アンド・カンパニーでビジネスオペレーション、サプライチェーンの開発や業務改善分野で様々なクライアントをサポートしました。

それ以前は、米国海軍に海軍飛行士として10年間所属し、P-3哨戒機を操縦、日本には二度派遣されています。

シェイファーは、ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを、米海軍兵学校で海洋エンジニアリングの学士号を取得しています。妻との間に二人の子供がおり、家族でスキーやアウトドアを楽しみます。