プレスリリース

Air New Zealand unveils beautiful 787-9 Dreamliner livery

  • ボーイングと日本のパートナー、777Xの開発・製造に関し正式契約に調印

    東京発,  2015年7月23日 - ボーイングと日本の機体主要パートナーは本日、ボーイングの新型旅客機777Xの開発・製造に関する正式契約に調印しました。これは昨年、ボーイングと日本の航空機メーカー(JAI)および日本航空機開発協会(JADC)が発表した、主要構造部位の約21%を日本の航空機メーカーが製造分担するという合意覚書(MOA)を、契約諸条件を盛り込み契約文書にまとめたもので、分担部位としては胴体、中央翼、圧力隔壁、主脚格納部結合、客室扉、貨物室扉、主脚扉、翼胴フェアリング等が含まれます。

    JAIとは、三菱重工業 (MHI)、川崎重工業 (KHI)、富士重工業 (FHI)、新明和工業 (SMIC) および日本飛行機 (NIPPI) の総称で、JADCは民間航空機の開発を推進し、日本の航空機メーカーの競争力を高める目的で設立された一般財団法人です。

    ボーイング民間航空機部門でサプライヤー・マネージメント担当バイス・プレジデント兼ゼネラル・マネージャーを務めるケント フィッシャーは、「日本のパートナーは常に最高水準のパフォーマンスを見せてくれており、現行777の大いなる成功にも大変貢献してくれています。我々は777Xを競争力のあるものにするための努力を続けており、彼らはカスタマーに対するコミットメント、刻々変わる市場の要求に応えられる、パートナーシップの一つの模範例になっています」と述べています。

    ボーイングはこれまで日本の航空機メーカーと、次世代737、737 MAX、747、757、767、777、 787ドリームライナー、そして今回の777Xの開発、製造を通じて、50年近くにわたり協力関係を続けてきています。

    JADCの村山滋理事長(川崎重工業社長)は、「今回の正式契約はJADCおよびJAIにおいてきわめて重要なイベントであり、JAI各社においても工場の新設を含む拡張、ロボットや新しい設備の導入など自動化の推進等積極的な投資を行い、高品質の製品を納期通りに提供することにより777Xの成功に貢献したい」と述べています。

    2014年、ボーイングは50億ドル(約6,100億円)におよぶ製品・サービスを日本から調達するとともに、数万人の雇用を支えています。ボーイングによる日本からの調達規模は、今回の契約締結により今後5年間で約360億ドル(約4兆4,000億円)に達すると予測されています。

    ボーイング ジャパン社長のジョージ マフェオは、「今回の契約は、重要かつ戦略的な我々と日本とのパートナー関係を、さらに今後数十年にわたり継続させるものとなります。昨年のMOA締結以降、日本のパートナーは777Xや他のボーイング機種増産に対応するため、既に多くの最先端の設備投資を開始しています。我々は彼らの協力に感謝し、ともに世界の航空機産業の未来を創っていきたい」と述べています。

    JADCの一丸清貴専務理事は「日本の航空機メーカーは、この50年、最初の747SPへの参画をはじめとして、以降のほぼすべての民間機プログラムに参画しており、ボーイング社とは単なるサプライヤーを超える関係を築き上げてきました。今回の777Xの契約はそれをより強固にするものであり、将来にわたって航空機の開発・製造についてともに歩んで行きたい」と述べています。

    777Xは、乗客に人気が高く市場をリードする現行777ファミリーをベースとして作られます。777Xファミリーとしては777-8X と777-9Xがあり、どちらも市場の要求やお客さまの嗜好に応えるべく設計されています。777X は現在6社から306機の確定受注を得ており、2017年に生産を開始、2020年の初号納入を目指しています。