プレスリリース

Air New Zealand unveils beautiful 787-9 Dreamliner livery

  • 世界で初めて、ANAが787ドリームライナーによる10万便の運航を達成

    シアトル発,  2016年1月11日 - ボーイングとANAは、ANAの787ドリームライナーによる運航が10万便に達したことを記念し、アメリカ・シアトル空港にて記念セレモニーを実施しました。ANAは世界で初めて、同機種による10万便の節目を迎えた航空会社となりました。

    「787ドリームライナーは、特にANAの国際線ネットワークにおいて重要な役割を果たしている機材です。10万便達成という節目を迎えたことは、ANAにとっても大きな意味を持ちます。世界最大の787運航エアラインとして、ANAは今後も、787-10型機を含む787全シリーズの受領と、次の節目を迎えることを楽しみにしています。」とANA代表取締役社長 篠辺修は述べました。

    ANAは787ドリームライナーのローンチカスタマーであり、2011年に世界で初めてこの革新的な航空機の運航を開始しました。787はANAの国際路線拡張に大きく貢献しており、就航路線は北米のみならず、アジアや欧州にも広がっています。ANAが積み重ねた10万便という規模は、全世界の787運航便数の実に4分の1以上を占めています。

    「私たちはこの記念すべき節目を、ここシアトルという場所で、ANAとともに祝えることを光栄に思っています。ANAはボーイングの大切なお客様であり、787プログラムにおける素晴らしいパートナーです。この節目が我々の長い信頼関係をより強固にし、今後も多くの節目をANAとともに祝っていくことを楽しみにしています。」と、ボーイング民間航空機部門社長兼CEOのレイ・コナーは述べました。

    ANAは、現在787-8型機と787-9型機を合わせ44機を運航している、世界最大の787運航エアラインです。787-10型機を含めてさらに39機の787シリーズの発注と、777-9X型機の20機の発注があります。

    787ドリームライナーは、最新技術により優れた燃料効率性を備え、中型機でありながら大型機並みの航続距離を誇る航空機です。この燃料効率性の高さを背景に、今日までに全世界で70以上の新規直行路線を含めた350以上の路線に就航し、7,500万人以上のお客様が搭乗しています。