プレスリリース

  • ボーイング、737 MAX 10をお披露目

    ワシントン州レントン発,  2019年11月22日 - ボーイングは本日、737 MAX 10初号機をレントン工場(ワシントン州)でお披露目し、何千名もの従業員が見守る中、重要な節目に到達しました。同機は今後、システムとエンジンのチェックに進み、来年、初飛行の予定です。

    737型機のチーフパイロットであるジェニファー ヘンダーソンは、集まった従業員を前に、「初飛行の操縦を担当し、皆さんが精魂込めて完成させた航空機を世界中の皆さんに披露することを誇りに思っています」と語りました。

    737 MAXファミリー最大の派生機である737 MAX 10は、最大座席数が230席で、座席マイルコストは単通路機史上最も低く抑えられます。

    737 MAX 10は、これまでに20社を超える世界のお客様から合計550機以上の受注とコミットメントを獲得しています。