プレスリリース

Air New Zealand unveils beautiful 787-9 Dreamliner livery

  • ボーイング、CEOと会長職を分離

    シカゴ発,  2019年10月11日 - ボーイングは、本日、CEOと会長職を分離することを発表しました。

    デニス マレンバーグは、引き続き社長兼CEOを務め、会長には、独立取締役のデビッド カルホーンが就任します。

    CEOと会長職を分離することにより、マレンバーグは737MAXの運航再開に向けた作業に専念し、世界中のお客様へのサポートと航空機とサービスの安全性を高めることに尽力してまいります。

    ボーイングは、ガバナンスと安全管理プロセスの強化を徹底してまいります。

    詳しくは英語リリースをご覧ください。
    Boeing Board of Directors Separates CEO and Chairman Roles