プレスリリース

  • ボーイング、航空機ファイナンスへの潤沢な資金流入を予測

    シカゴ発 ,  2021年4月14日 - 航空業界は、新型コロナウイルス感染症の世界的なパンデミックとワクチン接種の推進の間にあります。そのような中、ボーイングは、航空機ファイナンスへの世界的かつ多種多様な資金の流入が今後も継続すると予測します。

    2021年版の航空機ファイナンス市場予測は、短期的な市場のダイナミクスを反映し、新造民間航空機の納入を支える資金調達源を分析しました。現下のパンデミックによる影響のため、同レポートには、これまで慣例となっていた1年および5年後の航空機ファイナンス業界の見通しは含まれておりません。 最新レポートのハイライトは以下になります。

    - 新造民間航空機納入への資金調達は総額590億ドル (2020年) となり、2019年比で40%の減少。

    - ボーイング機の納入を支える資金調達源のトップは、現金、銀行借入金、そして資本市場です。ボーイング機の納入は、すべて第三者による資金調達で行われています。

    - 航空機レッサーによるセール・リースバックの取引が活発に行われ、業界内におけるリース機のフリートの割合は46%に上昇。

    - 資本市場から航空業界向けファイナンスに流入した資金規模は2019年比で70%増加。

    - パンデミック初期には、商業銀行による航空業界の資金流動性確保の下支えがありましたが、長期的な銀行借入金は、航空機ファイナンスにおいてあまり活用されなかった手段のひとつでした。

    - 機関投資家や投資ファンドは、一部の投資家が取引を一時停止したり、業界の信用スプレッドが拡大するなか、積極的に航空機ファイナンスに関与し続けました。

    - パンデミックの間、輸出信用機関は規模は小さいながらも、引き続き重要な資金調達源としての役割を果たしています。

    - 信用補完ファイナンスは、補完的な資金調達源としてさらに進化し、ボーイング機納入における資金調達構成の4%を占めています。

    最新の航空機ファイナンスレポート(英語) www.boeing.com/CAFMOとプレスリリース(英語) https://boeing.mediaroom.com/2021-04-14-Boeing-Forecasts-Sufficient-Capital-for-Aviation-Finance をご覧ください。