プレスリリース

  • ボーイング、SMBCアビエーションキャピタルから14機の737MAXを受注

    シアトル発,  2021年5月25日 - ボーイングは、このたびSMBCアビエーションキャピタルから14機の737-8型機の追加受注を獲得しました。

    今回の受注で、SMBCアビエーションキャピタルの737MAXの保有機数は121機となります。

    2021年第1四半期の間、SMBCアビエーションキャピタルは、11機の737-8型機を米サウスウエスト航空に、2機の737-8型機をヨーロッパのトゥイに引き渡しました。

    737-8型機は、単通路機市場において、より高い燃料効率性と運航の柔軟性を実現します。同機の航続距離は3,550海里(6,575 km)で代替する航空機と比べてCO2排出量を16%削減します。

    2021年における737MAX型機の受注及びコミットメントの総数は250以上となっています。

    下記プレスリリース(英語)をご覧ください。
    https://boeing.mediaroom.com/2021-05-25-SMBC-Aviation-Capital-Orders-14-Boeing-737-MAX-Jets

    ボーイング ジャパン Twitter公式アカウント(@BoeingJapan)
    https://twitter.com/BoeingJapan