エグゼクティブのご紹介

Stanley A. Deal

スタンリー A. ディール
エグゼクティブ・バイス・プレジデント
ザ・ボーイング・カンパニー
民間航空機部門社長兼CEO

スタンリー ディールは、ザ・ボーイング・カンパニーのエグゼクティブ・バイス・プレジデントで、民間航空機部門社長兼CEOです。また、ボーイングのエグゼクティブ・カウンシルのメンバーで、太平洋岸北西地区のシニア・エグゼクティブも務めています。

現職には2019年10月に任命され、燃費効率の高い民間航空機の納入と民間航空機プログラムの成長を統括しています。

前職では、2017年7月に始動した民間航空機、防衛、宇宙分野のサービス機能を統合するボーイング・グローバル・サービス部門を率いました。同部門にはサプライチェーン、エンジニアリングおよび改修&メンテナンス、デジタルソリューション&アナリティクス、トレーニング&プロフェッショナルサービスといった4つの重点分野があり、ディールは世界中のお客様に向けた新たな航空宇宙サービスの開発・納入モデルを規定、実施しました。

そのほか、ボーイング・コマーシャル・アビエーション・サービスのシニア・バイス・プレジデントとして、各国の航空会社やリース会社に対し、カスタマーサポートと修理・管理などのアフターサービスを提供しました。コマーシャル・アビエーション・サービスは、ディールのリーダーシップのもと、2014年と2015年に過去最高の業績を達成しました。コマーシャル・アビエーション・サービスは、現在ボーイング・グローバル・サービス部門に統合されています。

2011年から2014年まで、ディールは民間航空機部門のサプライチェーン管理・オペレーション担当のバイス・プレジデント兼ゼネラル・マネージャーを務めました。それ以前は、民間航空機のサプライヤー管理部門のバイス・プレジデント兼ゼネラル・マネージャーを務め、サプライチェーンの管理、開発、契約および戦略を担当しました。

ディールは、アジア太平洋地域のセールス担当バイス・プレジデント、民間航空機部門のセールス&マーケティング・オペレーション担当バイス・プレジデントをはじめとする、民間航空機部門のセールスとマーケティングを率いる様々な役職を歴任してきました。グローバル・ ネットワーク・セールス担当バイス・プレジデントを務めた際には、Connexion by Boeing(コネクション・バイ・ボーイング)の立ち上げに尽力しました。

ディールは、1986年にボーイングに入社して以来、数々の要職を経験してきました。717プログラムの構造および推進システムの合同チームリーダーや、JAL(日本航空)のMD-11プログラムにおけるプログラムマネージャーも務めました。

社外では、スミソニアン国立航空宇宙博物館の理事を務めています。同博物館による、歴史を称え、人類にとっての飛行の重要性を深く理解するための啓発活動を支援しています。

ディールは、イリノイ州立大学で航空宇宙工学の理学士号を、ペッパーダイン大学で経営学修士号を取得しています。