プレスリリース

  • ボーイング、今後10年間の航空宇宙・防衛市場を9兆ドルと予測

    シカゴ発,  2021年9月14日 - ボーイングは本日、民間航空機および防衛宇宙市場の今後の動向を示す「ボーイング市場予測 (Boeing Market Outlook)」を発表しました。

    新型コロナウイルス禍からの回復の兆しを反映し、今後10年間の航空宇宙・防衛市場の規模は9兆ドルとなる見通しです。これは、2020年と2019年に発表した市場予測(8兆5,000億ドルと8兆7,000億ドル)をそれぞれ上回ります。

    民間航空機の市場においては、国内線の需要が回復を牽引し、その後検疫措置や渡航制限等の緩和に伴い、地域間における空路の需要回復が見込まれます。長距離路線においては、その需要がコロナ禍前の水準に戻るのは2023年から2024年頃と予測します。

    民間航空機の今後10年間の新造機需要は、機数ベースで1万9,000機、金額ベースで3兆2,000億ドルになると予測します。2040年までの今後20年間における新造機需要は、4万3,500機以上、金額ベースで7兆2,000億ドルとなる見込みです。今後20年間の最新需要機数は、前年の予測値と比べて500機の増加となっています。

    民間貨物機の需要においては、新造機および旅客機から転換された貨物機の双方に力強い伸びが予測されます。2040年の世界の民間貨物機数は、コロナ禍前と比較して70%拡大する見通しです。

    今後20年間の民間航空機市場予測のハイライトは以下になります。

    • ワクチン接種の普及が、短期的な航空需要の回復の要となる。ワクチン接種率が高い国々ほど、国内制限や渡航・入国規制等の緩和などにより航空旅行需要の早期回復が見られる。
    • 今後20年間で、航空旅客数は毎年平均4%の増加が見込まれる。
    • 2040年までに、世界の民間航空機数は4万9, 000機超となる見通し。新造機の納入先として、地域別では中国、欧州、北米およびアジア・太平洋地域がそれぞれ20%を占め、残り20%は新興国市場。
    • 単通路機の需要は、3万2,500機以上となる見込み。この予測値は、コロナ禍前の見通しとほぼ同じ。今後20年間の民間航空機の納入機数において、単通路機は75%を占める。
    • 双通路(ワイドボディ)機の需要は、2040年までに7,500機以上となる見通し。背景には、エアラインによる機材の置き換え、長距離路線市場への長期的な旅客および貨物需要の増加が挙げられる。昨年の予測値と比べて微増するものの、2019年比では8%の減少。

     

    新造機のサイズ別納入機数(2021~2040年まで)

    機種(座席数) 機数
    リージョナル機(90席以下) 2,390
    単通路機(90席以上) 32,660
    ワイドボディ(双通路)機 7,670
    ワイドボディ貨物機 890
    43,610

     

    サービス市場においては、今後10年間で3兆2,000億ドル規模となる見通しです。内訳は1兆7,000億ドル規模が民間航空機関連のサービス市場、1兆5,000億ドル規模が政府間サービス市場となります。

    旅客機から貨物機への転換、データ解析、機内改装などのサービス需要は、今後も拡大する見込みです。そのほか、パイロット・トレーニングの需要も短期的に増加するものとみられます。

    今後10年間の防衛・宇宙市場は、2兆6,000億ドル規模になる見込みです。このうち、40%が米国外からの需要になります。市場規模の見通しは、前年の予測値を据え置きました。

    世界の民間航空市場がコロナ禍から回復に向かう中、今後20年間で民間航空業界が新たに必要とする人材の数は210万人以上になると予測されます。その内訳は、パイロットが61万2,000人、機体整備技術者が62万6,000人、そして客室乗務員が88万6,000人となります。

    ボーイングの民間航空機市場予測は、民間航空業界で最も歴史の長い包括的な分析として評価されています。詳しくは民間航空機市場予測(英文)をご覧ください。

    そのほか、サービス市場予測、防衛・宇宙市場予測、パイロット・技術者の人材予測は、以下をご覧ください。

    サービス市場予測(英文)

    防衛・宇宙市場予測(英文)

    パイロット・技術者の人材予測(英文)

    ボーイング ジャパン Twitter公式アカウント(@BoeingJapan
    https://twitter.com/BoeingJapan