プレスリリース

  • ボーイング、バージニア州アーリントンに本社移転を発表

    バージニア州アーリントン発,  2022年5月5日 - ボーイングは本日、本社を米国の首都ワシントン近郊のバージニア州アーリントンに移転することを発表しました。

    同地に本社機能を移転することは、私たちの顧客とステークホルダーに近くなるだけではなく、世界レベルのエンジニアや技術者を取り込む観点からも戦略的な意義があります。

    本社移転のほか、アーリントンには技術研究開発拠点も設けます。米国と世界中から技術者を引き寄せ、同拠点ではサイバーセキュリティ、無人化オペレーション、量子科学、ソフトウエア及びシステムエンジニアリング分野の研究開発に注力します。

    ボーイング民間航空機部門の拠点は引き続きワシントン州シアトル、グローバル・サービス部門はテキサス州プレイノ、そして防衛・宇宙・セキュリティ部門はバージニア州アーリントンです。

    米国最大の輸出企業でもあるボーイングの従業員数は、米国と世界65か国以上から14万人以上となります。

    詳細は英文リリースをご覧ください。