安全第一の企業文化

安全を第一に据えて

従業員は入社したその時から、なによりも安全第一を遵守するボーイングの文化に溶け込みます。その後、継続して行われるトレーニングと毎日のさまざまな業務の過程の中で、一人ひとりが安全を肝に銘じています。

ボーイングのエンジニアが航空機を設計するとき、何よりも優先するのは乗客の安全です。規制要件を満たして認証を受けることに加えて、すべての機種はボーイングの設計基準を満たす必要があります。ボーイングの設計基準が規制要件より厳しい場合もあります。

絶え間ない進歩

長年にわたり、ボーイングは航空事故に関連するデータを関わるすべての人びとが理解できるよう主導してきました。ボーイングは1960年代から毎年、民間ジェット機事故の統計報告書を発表しています。航空業界において、本報告書は航空事故に関する最も信頼の置ける情報源になっています。データの意味を理解することで、業界は有意義な対策を講じることができ、航空輸送システムの安全性を強化し続けています。

また、ボーイングは世界の航空輸送システムをあらゆる点から常に安全なものにするために、各国政府や業界とともに取り組んでいます。こうした協力により、規制措置で実現するだけではなく、安全性の向上をより効果的かつ迅速に推し進めることができるのです。

困難なときも取り組みを主導

痛ましい事故が発生したとき、業界は結集して空の旅の安全性を高めようと取り組みます。航空の安全性は人間の知恵と革新によって向上してきました。たとえ困難なときにあっても、ボーイングはこうした取り組みを主導し続けています。

世界の歴史において最も安全な公共交通機関は、ボーイングとほかの航空機メーカー、航空会社、業界団体、規制当局が力を合わせて実現しているのです。

 

737 MAXについての最新情報トップに戻る