ボーイングの概要

Air New Zealand unveils beautiful 787-9 Dreamliner livery

ボーイングは、民間航空機と防衛・宇宙・セキュリティシステムを製造し、アフターマーケットサービスを提供する世界最大の企業です。民間航空機、防衛・軍用機、電子・防衛システム、衛星、衛星打ち上げ機、高度情報通信システム、成果報酬型のロジスティクスとトレーニングなど、幅広い製品とサービスを世界150カ国以上に提供し、売上高では米国最大の輸出企業の一社です。

ボーイングは常に革新的な製品とサービスを提供することで世界の航空宇宙業界をリードしています。顧客の要望に応え、より効率性を高めた民間航空機を開発するとともに、各国軍のプラットフォームや防衛システムを構築・統合し、先進技術によるソリューションや、融資とサービスの革新的なオプションを提供するなど、製品とサービスの充実に努めています。

本社は米国イリノイ州シカゴにあり、従業員数は米国内と世界65カ国以上に14万5,000人。どこよりも多様性に富み、才能ある人材が集まる革新的な職場の一つになっています。また、高度な技能を備えたサプライヤーの力も世界中で活用しています。

ボーイングには民間航空機、防衛・宇宙・セキュリティ、ボーイング・グローバル・サービスの3つの主要事業部門があります。主要部門をサポートするのが、世界的な金融サービスプロバイダーであるボーイング・キャピタル・コーポレーションです。

ほかにも、全部門にわたる機能型組織があり、それぞれエンジニアリングとプログラムマネジメント、技術開発プログラムの遂行、高度設計製造システム、安全・融資・品質・生産性の向上、情報技術などに注力しています。

民間航空機部門
民間航空機分野では長年にわたって世界をリードしています。今日のボーイング製民間航空機ラインナップは、737/747/767/777/787型機とボーイング・ビジネスジェットで構成されており、新型機として787-10ドリームライナー、737 MAX、そして777Xの開発を進めています。現在世界中の空を飛行する民間航空機の約半数に当たる1万機がボーイング製です。貨物機についても最も充実したファミリーを提供し、世界の貨物の約90%がボーイング製の貨物機によって運ばれています。

防衛・宇宙・セキュリティ部門
防衛・宇宙・セキュリティ(BDS)部門は、軍用の固定翼機・回転翼機、衛星システム、有人宇宙船開発、自動運転システムなどの設計、製造、改修、サービス、サポートに関する業界随一の幅広いソリューションを世界各国のお客様に提供しています。空中給油機KC-46、AH-64アパッチ・ヘリコプター、702型衛星、商用有人宇宙船CST-100スターライナー、無人潜水艦エコ・ボイジャーなど、幅広いポートフォリオを通してお客様のさまざまな要件への取り組みを支えています。航空宇宙の革新を通して世界を結び付け、守り、探索し、刺激するというボーイングのビジョンを推進するBDSは、情報技術の効果的な活用方法を追求しながら、能力とプラットフォームの強化につながる研究開発への投資を続けています。

ボーイング・グローバル・サービス部門
民間航空機と防衛両部門の業界をリードするメーカーとして、ボーイングは世界に広がる多様な組み合わせの機材に最高のアフターマーケットサービスを提供しています。2017年7月1日に始動したボーイング・グローバル・サービス部門は、民間航空、防衛、宇宙分野のお客様に、OEMのメーカーを問わず、革新的かつ包括的でコスト競争力のあるサービス・ソリューションを提供します。エンジニアリング、デジタル・アナリティクス、サプライチェーン、トレーニングサポートに重点を置いた他の追随を許さない24時間サポートによって、民間航空機サービスでは航空機の高効率運航を、政府向けサービスでは世界各国のミッションを確かなものにします。

ボーイング・キャピタル・コーポレーション
ボーイング・キャピタル・コーポレーション(BCC)は、民間航空機と防衛・宇宙・セキュリティ両部門と協力して、ボーイング製品を購入するお客様向けに世界規模の金融サービスを提供しています。BCCはボーイングの誇る財務力や世界中に広がるネットワーク、顧客情報、そしてファイナンスのプロフェッショナルを結集させ、およそ41億ドル(2016年末時点)のポートフォリオを有します。