プレスリリース

  • ボーイング、日本に研究開発センターを開設へ

    • 持続可能な航空宇宙の実現を目指し、経済産業省と合意した 2019 年の技術協力を拡大。
    • 国産 SAF の商用化に取り組む有志団体「ACT FOR SKY」にメンバーとして参加。

    東京発,  2022 年 8 月 1 日  - ボーイングは本日、研究開発センターを日本に開設することを発表しました。

    同センターは、持続可能な航空燃料 (SAF)、電動化及び水素による推進力技術、ロボティクス、デジタル化、自動化、そして炭素繊維複合材分野での研究開発に注力してまいります。

    ボーイング 787 型機や世界最大の双発機となる 777-9 型機の主要部品は名古屋近郊で製造されています。ボーイングにとって非常に重要な拠点の一つである名古屋の地で、次世代の航空機に深く関わる新しい航空燃料や製造技術の研究開発を、日本とのパートナーシップのもと進めてまいります。

    この協力関係のさらなる強化のため、本日、経済産業省とボーイングは、両者が 2019 年に合意した技術協力を拡大することを決定いたしました。拡大する分野は、SAF、電動化及び水素による推進力技術、航空機からの二酸化炭素排出量をゼロとする将来的な飛行構想など、持続可能な航空宇宙の実現に向けた協力になります。

    日本における研究開発センターの開設は、ボーイングの航空技術開発拠点のグローバルな拡大の一環です。また、同センターは蓄電池や複合材製造技術の研究開発も行います。

    さらに、航空業界の脱炭素に欠かすことのできない SAF においては、ボーイングはこの度、国産 SAF の商用化及び普及・拡大に取り組む有志団体「ACT FOR SKY」のメンバーとして参加することとなりました。

    航空業界が目指す 2050 年までに二酸化炭素排出量実質ゼロの達成に向けて、ボーイングは ACT FOR SKY のメンバー企業の皆様と SAF の商用化に向けて幅広く協力してまいります。

    また、本日、ボーイングは ANA ホールディングス及び日本航空と持続可能な航空技術の研究をともに推進する覚書にそれぞれ署名いたしました。航空機からの二酸化炭素排出量の削減を目指し、電動、ハイブリッド、水素及びその他の新しい動力による推進システムの研究協力を行ってまいります。